Vivy -Fluorite Eye’s Song-を見てみました。

Vivy -Fluorite Eye’s Song-を見てみました。

私が毎日、愚痴りながら生活をしている世の中で、こんなアニメも作られているんだなあと、なんか感動してしまいました。

見始めは、アニメの画に少し違和感を感じていたのが、見ているうちに綺麗な画だなと。

人間が環境を受け入れる適応力に、自分でも意外に感じた次第です。

AIと人間が生活を共にする世界での出来事を作り上げたテーマなのですが、AIにも感情をわかせるのが人間です。

私の心は夕焼け色。

なんとなく、この世の終わりみたいな、終末みたいなものを感じていました。

それは、この物語の持つ切なさかと思います。

とても素敵な物語、そして、歌でした。

繰り返しになりますが、やりきれない日々に愚痴ばかりを言って過ごしてる私にとって、この作品は、一所懸命に生きている人たちを感じさせてくれました。

それは、物語の中の人ではなく、このアニメを世の中に出してくれた、キャスト、スタッフの皆さんに対してです。

良いものをありがとうございました。

感謝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました