FF10は、やらなければ良かった。

FF10をやってみました。

こんなに悲しい思いをするなら、やらなけらばよかったと思いました。

悲しみが積み上げた物語。

とっても優しい物語。

同じ次元で出会うことのない人の物語。

ゲーム中にとっても苦労したので、エンディングでは思い入れも大きい。

なぜ、この人なのか。

なぜ、この時代なのか。

偶然は、私たちの世界にもあるし、説明のつかないもの。

そんな、不思議な物語。

ゲーム中苦労したのは、パズル的な要素の部分。

これいらない。

始め、目的もよくわからずスタートしたのですが、目的が分かってからは面白い。

で、クリア後の私の心は、真っ黒…、の先に、雲の浮かぶ青空が見えてます。

未来は分からないし、過去は変えられない。

じゃあ、今どうするか。

そんなことを、思いました。

このゲームが駄作というわけではなく、よく出来すぎていて、やらなけらば良かった。

という意味合いのタイトルです。

過去はただ過ぎていくだけど、未来は次々とやってくる。

過去にイカリをおろしていては、未来に逆らうだけ。

それよりも、未来の波に乗って漕ぎ出してしまえばいいんじゃないか。

そんなことが、浮かびました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました