バドミントンで必要な技術

バドミントンを上手になるには、以下の技術の習得が必要です。良いコーチで出会って、楽しく上達する事が、バドミントンでうまくなるコツだと思います。

グリップ&ストローク」の基礎

  • 基礎を見直す前に知っておくべきこと
  • 練習するほどに上達できるグリップと、できないグリップの違い
  • 正しくイースタングリップで握れているかをチェックする方法
  • ショットに種類による握り方の違いを身に付ける方法
  • 手首を自由に動かせるようになるには?
  • 正しいラケット操作の感覚を体に染み込ませる方法
  • 手とラケットの正しい距離感覚を覚える方法
  • フォアとバックの手の返しの感覚を養う方法
  • ラケットの長さをゲーム感覚で覚えられる練習メニュー
  • オーバーヘッドストロークの基本と実践
  • 簡単にオーバーヘッドの動きが覚えられる「4のリズム」とは?
  • アンダーハンドストロークの基本と実践 (フォアハンド)
  • アンダーハンドの手首の返しを練習するときのポイント
  • アンダーハンドストロークの基本と実践 (バックハンド)
  • 実際にシャトルを使って練習するときの注意点

「フットワーク」の基礎

  • フットワーク練習のポイントと注意点
  • なぜ、バドミントンは、フットワークが重要なのか?
  • 理想的なフットワークとは?
  • フットワーク練習で意識すべき大事なポイント
  • 「一歩目の踏み出し」をマスターするステップ練習
  • 相手のショットで、フットワークはどう変わるのか?
  • ツーステップ、サイドステップ、クロスステップ、バック走
  • どうやって、ステップを使い分ければいいのか?
  • コートの中を自由自在に動けるようになる「6方向のフットワーク」
  • つま先と進行方向の関係
  • ネットから離れたときに使うことが多いステップとは?
  • 二歩では間に合わないシャトルを、一歩で打つ練習
  • 歩幅の小さい選手に有効なフットワーク
  • フットワーク指導は、どうやってステップアップさせればいいのか?

「ネット前の技術」の基礎

  • ヘアピンの指導、そのポイントと注意点
  • ヘアピンの基本フォームの作り方
  • バランスを崩さないための体の使い方
  • シャトルを打つタイミングは、どう教えればいいのか?
  • 目線の位置とラケット位置の関係
  • 実際にシャトルを使ったヘアピンの練習
  • スピンネットの指導、そのポイントと注意点
  • スピンネットの基本フォームの作り方
  • 小さい子どもに、「手首の使い方」を教えるには?
  • 実際にシャトルを使ったスピンネットの練習
  • ロビングの指導、そのポイントと注意点
  • ロビングの基本フォームの作り方
  • 高く返すロビング、低く返すロビング
  • 正確なシャトルのコントロールを身に付ける「シャトル入れ」とは?
  • 試合で通用する、実戦的なネット前の技術を習得するには?

「サービス&レシーブ」の基礎

  • 試合で多く使われるテクニックとは?
  • ショートサービス(バックハンド)の指導のポイントと注意点
  • ショートサービスの基本的な構え方
  • サービスで、反則を取られないようにするには?
  • サービスは、どこを狙えばいいのか?
  • ロングサービス(バックハンド)の指導のポイントと注意点
  • ショートサービスとロングサービスで、体の使い方はどう変わるか?
  • ロングサービスを習得するための練習メニュー
  • ショートサービス(フォアハンド)の指導のポイントと注意点
  • フォアハンドとバックハンドで、体の使い方はどう変わるか?
  • ロングサービス(フォアハンド)の指導のポイントと注意点
  • サービスのコントロール精度を上げる方法
  • サービスレシーブの指導のポイントと注意点
  • 正確に6方向を狙えるようになる練習メニュー
  • 相手がシャトルに触れた瞬間に飛び出せるようになるには?
タイトルとURLをコピーしました