一流のメンタル

ビジネスで成功した人を見るとほれぼれとしてしますことがあります。どんな心理が働いて無意識で尊敬してしまうようなことになってしまうのか。そんな事を思っていたせいか、以下のような記事を見つけました。

誰にでもある思い込み

人は自分で自分の事をたくさん考えます。「私はこうだ。私はこうありたい。私はこうしたい。」などと言うことを一日中思っています。そしてその他にも考えていますね。そうした自分との対話が自分の思い込みを作っています。

自分の思いこみと違えば、それがいかに正しくても、自分にとっては悪である。といった判断をしてしまいます。人がどのようなこと思い、行動するかは、それぞれの自由なので、好きなようにすればいいのですが、もし、今がうまくいっていないというような事があれば、自分の思い込みが、ズレている事があります。

例えば、やりたいことがあるのに、いつやるのか決めていない。この場合、やりたいことがずっと置きっぱなしなので、うまくいきません。そのためには、思い込みを変える事が大切です。自分だけの対話だと、その思い込みに気付かない事があります。なので、人との接触が自分を変えることになります。

受取る力

人と接触しても、自分の思い込みによって、変わらない事があります。例えば青色の洋服が好きな人がいて、自分でも青が好きと思っている。そういう人に誰かが、赤色の服を進めても、なかなか納得できないところがあると思います。本人は、気がのらない。本人はこれまでの自分を覆すことに抵抗があるのです。

そこで、ダメもとやってみようという思い込みが大切になります。した事が無いのに気が乗らないのは、怖いからです。見たこともない料理を目の前にして「食べても大丈夫なのかな?おかしなことにならないかな?」と思っているのと同じです。なかなか手が進まないのです。

食べてみれば世界が広がります。やってみれば経験できます。それはセルフイメージを広げることになります。「私は初めてのことに挑戦できる人。私はちょっと怖いけどえいやっと乗り越えられる人。私はとりあえずやってみることが出来る人」そういうできることが増えていきます。

できることが増えると、周りの反応が変わります。それによってさらに情報が入ってくるようになります。それは一人の思い込みで行動が出来なかった世界では入ってこない情報です。

動く力

1人の思い込みでは「思い」ばかりが浮かび、行動が伴いません。しいて言えば、自分の思い込みの行動をしてると言えます。「誰かなんといっても私は私。昨日の私がこうだったから、今日の私もこう。」といった今までの自分を生きる行動をしています。

どう生きても自由です。私はこれでいいと思えれば、それでいいのです。居場所のいいところを見つけて、そこにい続ける事もいいでしょう。ただ、何かを見聞きして、それが新しい世界だったとして、そこに魅力を感じるなら、人はそこに行くことが出来ます。

それが動く力です。人は生きています。人はこう生きたいという望みを持ったりします。それを頭の中でグルグルさせて、これまでの行動できない自分でいてもいいのです。望めば思うだけでなく、現実に理想の世界を築くこともできます。

それも自由です。

人は自由な生き物です。無限です。

タイトルとURLをコピーしました